足汗を予防して、春夏秋冬を通して快適な毎日を演出しましょう!

 

終日、革靴でお得意先周りの繰り返し。
気持ちが塞ぎ込んでいる時には
精神的な発汗も加わって足先部分は
常に湿っていて臭いが気になりだします。

足汗⑤

こんな実験結果もあります!
発汗といえば夏をイメージするのですが
実は、春夏秋冬を通して足部に関しては
コップ1杯(180~200cc)の足汗をかいているそうです。

身体の他の部分よりも足部は汗をかきやすいと言えます。
加えて、半袖シャツや素材の工夫、そして着替え、洗濯と
体幹や腕、脚は汗から発する臭いを防ぐ工夫が
色々できますが、足はなかなかそのようにいかないようです。

足汗⑦

ビーチサンダルでオフィス街に出勤することもままなりませんし
毎日、薄手になっているといえども靴下で覆い
ほぼ同じ靴で通気性が悪い状態が維持されていては
汗の逃げ場もなく、雑菌の繁殖も激しくなり
結果としてあの嫌な臭いが発生してしまうという結果を招きます。


多汗症の方のいるかもしれないのですが・・・

あなたは足汗をかきやすいタイプでしょうか?
あなたの足の角質層は人と比べて厚いほうですか?
学校や仕事柄、ほぼ終日、靴を履く生活でしょうか?

今伺った3つの質問に1つでも『はい』がある場合には
足部から臭いが発生してくる可能性が高くなります。

足の臭いの原因はやはり汗と雑菌です。
発汗に関しては遺伝的素因より生活習慣に起因する割合が
大きいと言われています。

人の足裏には汗を出す汗腺が沢山ありますので
靴とストッキング・靴下を履く事で蒸れやすくなり
足の裏の角質層が軟化しはがれ落ち、その垢が餌となり
雑菌が入り込んで繁殖、辛い悪臭を放つようになります。

男性は女性よりも足の裏の角質層が比較的厚くなっているので
通気性の悪い革靴を夏場でも履く事で足の臭いが強くなります。
夏場の男性の革靴、冬場の女性のブーツ

足汗⑥

この履物が悪臭の発生に関して特に危険度が高いものです。

汗のケアと角質層のケアで雑菌の繁殖を可能な限り減らし
足部の通気性をより良くする事で、快適な足生活を守りましょう。


四季を通じての足部のケアにつきまして


足汗⑧

・フットブラシやボディータオルに石鹸をつけて・・・
 しっかり足の裏、指の間を洗いましょう
(殺菌・消臭効果のある石鹸の使用がおすすめです)
・足踵角質が厚い人は、角質ケア商品購入・フットサロンの利用が大切です

足汗⑨

・足の爪も手と同様に小まめにカットしておきましょう
・指と爪の間に溜まるゴミや垢を除去していきます
・靴下は通気性の良い天然素材や特殊繊維等・・・吸水性の高い素材を選びます
(女性のストッキングは通気性・吸水性が共に低く使用時には注意必要です)
・汗をかきやすい体質の男性は、昼休みに靴下を履き替えるという方法もあります
・同じ靴は毎日履かず、可能であれば3足をローテーションしていきます
(同じ靴をもしも連続して履く時は・・・中敷きを取り換える事がおすすめ)
・帰宅後、靴の中に乾燥剤や消臭剤、新聞紙などを入れます

湿気を吸い取ってあげます

・消臭グッズ(スプレー・パウダー・クリーム・ジェル・シート)で
 汗や臭いを拭き取ります




・靴のサイズが合わない、痛みを伴うなど足にストレスがたまると
 足の汗腺から汗がドッと出てきます。サイズの合ったものを履きましょう
・洗ったり、汗を拭き取ったりしていないと水虫がひどくなり
 臭いも強くする原因です(医療機関へのご相談をおすすめします!。

エチケットとマナーにつきまして・・・


友達の家への訪問や畳の間での食事会など
靴のを脱ぐ場面においては臭いへの気遣いが要求されます。
・・・靴下への配慮が必要です。
汚れていないだろうか・・・破れていないだろうか・・・
臭くないだろうか・・・
この3つは守りたいところです。

足汗③

間違いなく自分の足が臭っている時は・・・
友達やお客様の前では可能な限り靴を脱がないで下さい。
通気性を少しでも確保したいという気持は分かりますが
同席者等に不快感を与えて印象をとても悪くしてしまいます。

自分の臭いには気づきにくいものですが・・・
足は鼻から離れていますがその臭いは自分でも確認できます。
このチェックで「ちょっと臭うかな」の状態は、他者にとっては
「とても臭う」となっていると考えて間違いないと思って下さい。


①足・足先・足指間を洗い、まめに汗を拭くこと

足汗②

②自分の足にあったサイズの靴を履くようにする
③フット・ケア(角質や爪を手入れすること)
④消臭剤や発汗抑制(制汗)スプレー、クリーム・パウダー等で防汗対策をする

足汗④

⑤毎日履く靴を交換し、使った靴や中敷はしっかりと乾燥させます


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。