今、トイレが熱い!スマホアプリで快適トイレを探し出せ!

 

無くてはならない空間であるのに主役にはなれない場所。


生活空間の隅で暗くて狭い場所であるとの認識が強い。

不思議なもので涙はまだしも唾液でさえもその人の体内にある時は
不潔なものでもないし隅っこに追いやられることもないのに
体外に出た途端に自分のものであっても触ることさえはばかられる存在。
し尿に至ってはさらにこの傾向が強化されます。
そんな排泄物を置いていく場所として存在してるだけに
なかなかスポットライトが当たらなかったといえばそれまででしょうか!

外出先で急に起こった腹痛、催した便意、我慢していたおしっこ
そのような状態に追い込まれた方にとってはトイレはオアシス!!
しかし、緊急性、切迫性のない状態では
それほどありがたいと思われない場所。
それがトイレ!

こんな状況に置かれているトイレが快適空間に変身中との事。
ゆったり空間でくつろぎの時間を演出してくれているといいます。
現在ではスマートフォン検索アプリで快適空間である
トイレが検索される時代です。

商談や急な出張であっても外出先でトイレでも
快適に過ごしたいという方が多くなってきています。

そんな方々(特に女性)の要望に応じて
豪華な空間ができあがってきているようです。
そんな空間でゆったり・ゆっくりした気分で身だしなみを整えられます。
赤ちゃんと一緒でも入りやすい化粧室が登場していたり
トイレ空間を快適空間に変えていくことで集客力向上!

こんな状態を目指しているデパートやショップ等が増加しています。
一番近くのトイレをスマートフォンのアプリで検索できるようです。
このスマートフォンのアプリは現在位置認識し一番近くにあるトイレを
探して知らせてくれるようです。
家事と育児の兼ね合いで疲れている女性のために
公衆トイレ内で仮眠できるスペースを設ける組織もある様です。

スマートフォンからトイレへアプローチ!


ゼンリン(住宅地図製作販売)の関連会社の【ゼンリンデータコム】
『恋するマップ』を提供しています。
スマートフォンからフリーダウンロード可能なアプリケーション!
女性に使ってもらうことを意識した地図情報アプリで
その目的地周辺のトイレ情報を検索できる機能が付いています。
東京や名古屋そして大阪といった都市部の駅等の施設トイレ情報を
約600ヶ所掲載されています。

「恋するマップ」のトイレ基本情報は・・・
そのトイレにある個室数(洋式・和式の内訳等)や
授乳、おむつ交換スペースがあるのかどうか
便座クリーナーの設置があるのか否か等が確認可能です。

数ヶ月間このアプリを活用しているある女性は
「出かけている時のトイレは清潔にこだわりたいので役に立っています。」と
トイレ情報アプリ活用に関しての感想を持たれています。

この女性が利用されたトイレには【エアシャワーブース】があり

渋谷ヒカリェ トイレ

風力で花粉・ほこりを除去して服に付着した臭いを消去する機能があります。
他階トイレには併設施設【渋谷ヒカリエ】を運営。
東急百貨店グループの女性のカード会員専用の癒し空間を準備。
足マッサージや携帯充電器テーブルを設置。
地下2階トイレ横の休憩場所は男性にも開放。
ミルクを温めるためのレンジが備え付けられています。

このトイレを提案している担当者の方は・・・
「20~40代女性が心地よく利用できる空間に・・・と心掛けた」と
紹介されています。

【渋谷ヒカリエ】は、政府が快適トイレから日々の生活の質を向上させる
そんなことを目的に創設した『日本トイレ大賞』の一つに選抜されています。

渋谷ヒカリェ

JR大阪駅にある専門店街「ルクア」は西日本で一番に選択されています。

大阪駅 ルクア

4階のパウダールーム【リラクア】は・・・
季節に合わせて使うアロマオイルを変えるなど
リラックスできる空間づくりを心掛けているとのことです。

担当の方は「訪日の外国の方にも好評で、化粧室にこだわったことで
お客さんの館内滞在時間が長くなり、結果、集客にもつながっています」
と話されています。


何とトイレで「仮眠」できる企業も存在します!


トイレという空間を演出しているのは商業施設だけではありません。
インターネットの情報サイト等を手掛ける【ウィルゲート】
女性が仕事しやすい環境を整えるために
社内女性トイレに1人が仮眠できる専用スペースを設置。
例えば・・・貧血などの体調が優れないときに仮眠が取れます。

利用している女性スタッフは・・・
「体調不良時に10分ほど、ここで横になると楽になる。」
「人目を気にすることなく、休めるのがうれしい」と
存在や気遣いを高く評価していると聞きます。

【ウィルゲート】が実施した調査では
「お気に入りのパウダールーム」の東日本地区1位に
【渋谷ヒカリエ ShinQs(シンクス)】が選ばれました。
「ママ応援」「働く女性」などフロア毎にテーマを決めて
それぞれにデザインや、流れる音楽、香りが異なっているのが特徴です。


若者に人気の複合商業施設だけでなく、駅の専門店街、企業と
トイレが熱くなってきています!!


『日本トイレ大賞』について・・・


政府が創設した優れたトイレを表彰する事業。
多くの外国人が来日する2020年東京五輪・パラリンピックにも向けて
日本ならではの清潔で快適なトイレを増やして
訪れる観光客をもてなすことが大きな狙い。
自治体、民間企業などからトイレ施設を募集し表彰するもの。

商業施設やオフィス、学校、交通施設のトイレなど「空間部門」と
途上国での設置支援や災害用トイレの開発
観光客への配慮など具体的な取り組みを対象とする「活動部門」
これらの2部門を設けています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。