コーヒーの必見セミナー 美味しさを演出してくれる専用器具が人気!

 

コーヒーをお気に入りの専用道具で入れて楽しむ。
そんなひと時を自宅で一人で楽しむ人が増えてきています。

コーヒー①

一番大切なことは何かと自問してみます!

大切な人と過ごす時間を確保すること?
いろいろな考えをまとめて書物にしていくこと?
穏やかな心になるために読書に挑戦する?
身体を鍛えるために毎朝体操することですか?
親友を訪ねて会話を楽しむ時間を持つことですか?

色々なことをそれぞれ大切にされていると思います。
ひとりの時間を楽しむためにコーヒーというアイテムを
心ゆくまで堪能しようとする方のために各種セミナーが
催されるまでになってきています!

コーヒー②

ご自宅でお気に入りの喫茶店でいただく本格的なコーヒーを
気心の知れた仲間や時には一人で味わいたいという方が増えています。
豆にこだわりその入れ方にも本物を求めるアメリカ発の
『サードウェーブコーヒー』カフェが増加
コンビニのいれたてコーヒー
これらの人気がこの流行の背景にあるようです。

コーヒー関連メーカー各社はコーヒーセミナーを開催し
コーヒー専用の器具販売をしてファンの希望に寄り添っています。

キーコーヒー(東京都港区)本社に隣接するビルで
『コーヒーセミナー』が開催されました。
その内容は・・・
コーヒー豆をひいた粉を入れたドリッパー内に
ポットを手に握りお湯をジワジワと注いでいきます。

コーヒー③

キーコーヒーでは様々なセミナーを定期的に開催しています。
有料講座なのですが、最近では若い女性を中心に
コーヒーを楽しみたい初心者に向けた講座が人気です。
その背景には・・・
「コーヒーを抽出する過程が難しい。美味しいコーヒーができない。」
といったコーヒー愛好者の声があったということです。
講座の受講後も抽出の失敗を少なくするために
ドリッパーを販売してくれています。


抽出に最適のスピードを維持しながら
コーヒー抽出を均一にして味わい・風味・コクを十分に
引き出すためにドリッパーの内面をダイヤカット形状にしています。
コーヒーの出来栄えにはっきりとした差が出るので
このドリッパー人気商品になっています。

さらに上手く抽出できたコーヒーを受け取るサーバーを販売開始。
今まで以上にコーヒーを楽しんでもらうための各種道具を開発中です。


美味しいコーヒーを飲むための手作業はちょっぴり
面倒な一面もありますが、至極の時間のために
一杯ずつ抽出する本格的な味わいを楽しみにしているという
無類のコーヒー愛好家に人気を博しているのが・・・
UCC上島珈琲(兵庫県神戸市)が売り出したコーヒーマシン・・・
その名は『DRIP POD(ドリップポッド)』です!


コーヒー1杯分のひかれた粉を不織布でそれぞれを包装された
専用のポッドを使います。
このマシンは、美味しさを十分に引き出してくるために最適である
「お湯の温度、蒸らす時間、お湯を注ぎ入れるスピードなどの技術」を
プロに限りなく近いスキルレベルで搭載しています。
ほんのワンタッチで簡単に操作ができて、コーヒー抽出後の
洗浄もしやすい形状になっています。

この『DRIP POD(ドリップポッド)』はあなたのその日の
気持ちに寄り添ってコーヒーが飲めるように
価値を高めて希少性が抜群の製品17種類のポッドを用意してくれていますよ。
30歳代から40歳代の女性をお客さんの中心考え、開発されました。
ご自宅のインテリアにも「すっと馴染む」ように外見にもこだわっています。

このポッドは全国の量販店等でも販売されています。
新生活に始まり日常生活に余裕が出てきた頃に
家電の新アイテムにひとつに加えたり・・・
贈り物といて購入される方もいます。

私も『ラテアート』を見ると素直に感動します。今でも大人気状態です。
そのアートをご自宅でも楽しめるようになっています!
コーヒーの上に様々な物や図案をミルクで描き出す『ラテアート』

コーヒー④

質の良いミルクの泡を作り出せる『ミルクカップフォーマー』
この『ミルクカップフォーマー』もジワジワと人気商品になっています。


最近ではコーヒーのドリップオンリーでは物足りないと感じている
超コダワリ派が注目している焙煎機能付きのコーヒーメーカーが
一部の大ファンに向けて販売されています。
その名は・・・『カフェプロ503』
ダイニチ工業(新潟市)から生み出されたコーヒーの生豆を焙煎する
機能を搭載しているコーヒーメーカーなのです。


このマシンに生豆を投入して、「深め」「標準」「浅め」の三段階に
煎り加減を選択できます。(生豆の焙煎には15分ほどかかります)
電動の臼歯式ミル搭載で煎り上がった豆をひいて、抽出してくれます。

如何でしたでしょうか!?
至福のひとときをこれらのマシンを駆使して演出してみませんか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。