有名店の「唐揚げ粉」が好調!コンビニも販売強化!!

   2017/12/20

お弁当のおかずを聞かれると頭に浮かぶのは?
『唐揚げ!』と答える方が多いのではないでしょうか!

唐揚げブームの火付け役をになった専門店。
このブームが長く続いているのが今です。
コンビニエンスストアでも本格的な味わいを楽しめますし
外食チェーン店が出店しています。
その本格派の味わいを家庭で手軽に楽しめる『唐揚げ粉』が大人気!
この流れはジワジワと家庭の食卓に広がっています。


唐揚げ専門店「からやま溝の口店(川崎市高津区)」



職場の同僚と昼食に訪れた20歳代の女性会社員は
「外はカリッとしていて、中身はしっかりとお肉があって美味しい。」
と驚いていました。

全国展開しているとんかつ専門店「かつや(アークランドサービスホールディングス)」



唐揚げの「からやま」を相模原市で開店。
北は北海道そして千葉、東京、埼玉、神奈川で次々と展開しています。
メニューの中で一番人気の「からやま定食」は3~4cmほどの
もも肉の唐揚げが4個ついています。
にんにくや生姜を使わないつけだれにゴマとにんにくの香りを効かせた
『極(ゴク)だれ』など2種類のソースで食べる。
人気メニューに加えて手羽先や軟骨などの一品もそろえています。

店に入って注文して数分で揚げたての唐揚げが出されるのでランチ時には
忙しいサラリーパーソンが来店します。
夕食時には、女性は夕食のおかずに持ち帰りされる方が多く
男性は店内で召し上がる方が多くなっています。

唐揚げの普及を目的に開催するイベントを企画する「日本唐揚協会(東京)」
専務理事は・・・
「唐揚げの聖地」として広く知られている大分県中津市のある『もり山」
「唐揚げ専門店発祥の地」と呼ばれる大分県宇佐市の「とりあん」」
東京に相次いで出店したことでこのブームに火がつきました・・・と分析。

この出店に続けとばかりに数年間で東京の唐揚げ店舗は150店以上になっています。
牛肉・豚肉の需要に負けじと鶏肉がそのシェアを伸ばしています。
コンビニエンスストア各社は夕飯に活用してもらおうと
店内で揚げ物調理をしていますが、揚げ物の中でも唐揚げは人気はすごい!
「ファミマのからあげ」は「もり山監修」の唐揚げで
ファミリーマートで売り出し中の商品で、スタッフの方からは
「衣のサクッとした食感とジューシーさを実現させた鶏肉で完成。
従来からある商品と比較して30%大きくして見栄えよく食卓に並べられます。」
と話されています。



専門店の味に関しては
最近では家庭で作る唐揚げにも浸透してきています。
唐揚げの有名店が監修した唐揚げ粉「からあげグランプリシリーズ」
売り出し、その売上は好調で、10分間ほどタレに漬け込むことで
鶏肉が柔らかくい仕上がります。



現時点で、塩味、醤油味などの4商品を展開しています。
唐揚げシリーズ全体の販売では主力商品である粉を鶏肉にまぶして揚げる
「日清から揚げ粉」に追いつく勢いです。

「スーパーマーケットなどのお惣菜や家庭で作る唐揚げも
本格的になっています。飲食店では素材にこだわったり
訪日の外国人客に商品をアピールしたりと新しい展開を模索しています。」

今晩のおかずに唐揚げは如何ですか?
専門店で買って帰りますか?
コンビニにしますか?
それとも美味しい鶏肉と唐揚げ粉を買って家で作っちゃいますか!?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。