水族館で癒されませんか!?幻想的な映像が魅力的!

 

水族館に一歩足を踏み入れると
幻想的な雰囲気に包み込まれます!
そして癒しの場にいるような
不思議な感覚に包み込まれます。

動物園に行こうか、水族館にしようか
それとも博物館かなと
嬉しい悩みに困った経験はありませんか?

水族館といえば・・・
子供と一緒に訪れる場所・・・
というイメージがあるのですが
この頃はファミリーでの訪問に加えて
若いカップルの訪問が徐々に
増加してきています。
その人気拡大の要因として考えられた
仕掛けは水中の生き物達に加えて
幻想的な映像を放映したり
イルカ、アシカのショーでの表現方法を
工夫している点です。

そうなのです!
大人が「癒しを」を求めて
大人気になっています。

「新江ノ島水族館(神奈川県藤沢市)」は相模湾を眼前にし
夏季中は開演時間を20時までに延長し
来場者を迎えてくれます!
(通常閉館時間は17時)



昨年は

「ナイトワンダーアクアリウム2016 
 月光に漂う水族館」


と銘打ってイベントを開催されました。
その内容は・・・
館内の壁などに映像を映し出す
プロジェクションマッピングを
活用したショーを演出してくれていました。
入口付近の階段には
月光が映る海の映像が投影されて
ウミガメがゆったりと泳ぎながら私達を
館内に誘ってくれます。
館内の床や壁には深海や星空が
広く深く広がり、大水槽では天井まで届く
迫力満点の音響と映像のショーが展開。

「ナイトワンダーアクアリウム2016 
 月光に漂う水族館」を訪れた
大学生のカップルは
「水族館に来たのは子供の頃以来で久しぶり。
 映像がとても綺麗でストーリー性もあって
 楽しい。」とご機嫌!

開業10周年の2014年から
夜のスペシャルイベントを開催。
年間の入場者数は毎年130万人前後で
推移していたのが夜のイベントを始めてから
180万人超と開業初年度を超えて
新記録となったようですよ。
「増加になった入場者はほとんどが
 カップルでした。子供が喜んでくれるから
 家族で行くところ思われていた水族館が
 おしゃれなデートスポットとして
 見直されたと感じている。」と
手応えを感じていると
新江ノ島水族館の広報室長の談。

「新江ノ島水族館」のホームページを開いてみて下さい。
期間限定の様々なイベント情報が満載ですよ!



全面改装されオープンした「アクアパーク品川(東京都港区)」
品川プリンスホテルの敷地内にある。
ビジネス街に近くてその立地が強みの一つです。



「水に生きる生物を見せるだけでなく
 光と音を融合させた大人も楽しめる
 エンターテインメントを実現しました。」と
館長が話されています。

営業時間は22時までと遅くまで開場されていて
夜間の入場者は
その大半が仕事帰りの会社員かカップルとのこと。
館内には色々な店も開業されていて
ゆっくりと空間の雰囲気を楽しめます。
ビッグイベントの一つ・・・
プールでのイルカショーでは
天井から降り注ぐ水のカーテンに映像を
映し出す演出が大人気です。

「サンシャイン水族館(東京池袋)」は2011年に改装オープンして
【天空のオアシス】をうたっています。



「疲れた大人に人達の『癒やし』を
 感じてもらいたい。」と館長談。
アシカが悠々と泳いで姿を真下から見ることができる
【アクアリング】
こう名付けられたドーナツ形の水槽や
光を受けて漂いながら移動するクラゲの中を
通り抜ける水槽のトンネルの存在に
ワクワクしませんか?
第二の改装では・・・
ペンギンを下から見上げられる【天空のペンギン】
大切な人と楽しみに向かいませんか!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。