電気製品の危険な事故の発生を『NITE』が知らせてくれています!

 

電気製品の差し込みプラグや混み合った配線による
事故が沢山発生しています。

この事故に関してNITE「製品評価技術基盤機構」
注意して下さいと呼びかけてくれています。

電気製品事故⑩

NITEが把握している2009年~2013年の間に
電源プラグやコード類、配線器具が原因の事故は
190件発生していて、被害死亡者も14名になったとのこと。

主たる事故の原因はコードの断線によるショートであったり
トラッキングというコンセント部分に
ホコリ等が溜まって発火する現象や
ドライヤー等の電力消費量の大きい電気製品を使用中に
発生する場合が目立っていると聞きます。

電気製品事故⑨

電力消費の大きいドライヤーは髪を乾燥させている時に

左右の手に頻回に持ち替えることが多くなるのですが
この動作の繰り返しでコードにねじれが生じてしまい
この状態のまま使用を毎日続けていくと
断線が徐々に生じてショートを起こす恐れが高まります。

電気製品

このようにねじれが生じてしまったコードを
使用後すぐに元の状態に戻しておけば危険は
かなり低く抑えられるようになります。

先ほど書きました断線によるショートが生じるトラッキング現象も
ホコリや水分がプラグ近くに付着しなければ生じ難くできます。

このような観点から・・・

定期的にプラグに付着したホコリを除去して
水などの液体がかからないように気をつけたり
水分がかからないような場所で電気製品を
使用するといったひと手間かけるか環境調整が必要です!

電気製品事故③

ひと工夫やひと手間がないと・・・
火災につながる事故が発生する危険性が増し
飛び散った火花で火傷などのケガに見舞われます。

「火災等の事故を予防していくには
可能な限り電源のコードをねじ曲げてしまったり
線の上に重たい物を載せない行動が必要です。」


電気製品事故④

火災がいたる発火が生じる前には
プラグ部分やコードが熱くなったり
電気製品を動かす時に電源が勝手に切れたり
再び勝手につながったりという予兆が
見られるときがあります。

最後に・・・
「これは何だかおかしいな!?と感じたら
その電気製品の使用を中断して
電気製品を購入した販売店に持参されて
状態を相談してくださいね!」

電気製品のコード・プラグの安全な使い方

電源プラグの『ぐらぐら』

電気製品事故①
電源プラグの差し込み方が不完全だと
プラグが外れそうな状態で
コンセントやプラグが発熱し
発火する危険があります。
事故予防策:
電源プラグはコンセントにきっちり差し込みましょう。

コードを結束帯で束ねて使っています?

電気製品事故⑥
電源コードを束ねると放熱が上手くいかず
発熱・発火する危険性あり。
事故予防策:
必ず電源コードはバラバラにしてあげて。

コンセントからプラグを抜くときにコードを引っ張る

電気製品事故⑤
配線が断線してショートします。発火の恐れアリ。
事故予防策:
必ず、プラグをしっかりもって抜きます。

タコ足配線になっているかも・・・

電気製品事故⑦
コンセントやテーブルタップに
たくさんの電気製品をつなぐと
電流が過剰に流れる恐れあり。
発熱・発火する危険性あり。
事故予防策:
定格電流超超え使用は避けましょう!

コードを壁や床に固定

電気製品事故⑧
固定状態で使用すると固定部分の皮膜が破れ
漏電・発火の原因となる。
事故予防策:
コードをステップルや釘、針金などで
固定することは可能な限り控えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。