イースター商戦!?第二のハロウィーンの予感で来ています!!

 

イースター「復活祭」の注目度がじわじわと上がってきています。

キリスト教の春の記念行事のイースター
この行事はキリスト復活を記念するもので
年などによって日付けが変わるのですが
3月下旬から5月初めの間の日曜日に行われます。

イースター⑦

欧米諸国では沢山の子宝に恵まれる
豊かさの象徴になっている
ウサギをかたどったクッキーを作ったり
復活を表現している卵を食べたりするそうです。

こんなイースターなのですが
欧米ではクリスマスやバレンタインデーと
肩を並べられるくらいのお祝い事の日で
大きなビジネスチャンスという事で
百貨店やお菓子業界にとっては
大きな商戦時期と認識されています。

イースター①

日本人にはなじみが薄い祝日ではあるのですが
専門売り場を確保しておかなくてはなりません。
売り場では、シンボルの卵やウサギをイメージした
関連商品を並べて販売します。

百貨店各社は「イースター」をテーマにして
各種商品売り場を設けて
商戦を展開しているようです。

どのような商品が展示されているのかをのぞいてみると・・・


卵やウサギをあしらった衣類の他に
様々な雑貨やパン、ケーキといった食品まで
そのラインアップには幅がありました。
売り上げにつながればとの熱い思いが伝わってきて
知恵を絞り出しているという事が
ひしひしと伝わってきました。

今までの日本では「イースター」を
前面に押し出しての企画出展は
ほとんどなかったように思います。

ある販売促進部のスタッフは・・・


「春先は新生活を始める人が多く
ギフト市場が活発になる季節です。
復活というポジティブで明るいイメージの出来事を
企画に活かしたいと考えた。
今後もこの企画を定着させていきたいと考えている。」
との話しをされていました。

イースター②

イースター企画展に足を運んだある女性は


「今までに『イースター』という言葉を
聞いたことがあるくらいでした。
実際に来てみて展示されていたうさぎが
可愛らしくてお気に入りになりました。
部屋の飾りにひとつ購入しました。」
と感想を伝えています。

B-Rサーティワンアイスクリームでは
芝生風にグリーンのアイスクリームに
たまご型のチョコレートを点在させて
エッグハント(色付けした卵を野原に隠して遊ぶ)を
イメージした商品やたまご型のカップに
アイスクリームを入れるサービスを展開して
家族連れや中・高校生の人気を集めています。

イースター⑤

この様に各店舗の工夫が消費者の皆さんに浸透しだし
毎年、この企画展を楽しみにしているように
なってきているとのことです。
準備した商品の売上も順調で
毎年手応えを感じているとのこと。

スーパーマーケットでもラインアップ商品に
イースター関連商品が顔を出し始めています。
菓子メーカーのロッテでは・・・

イースター③

人気商品の「コアラのマーチ」等で包装箱に
うさぎや卵をデザインしたもの発売しています。
卵探しクイズを入れて子供と親が
共に楽しめる工夫もほどこされています。
人気商品「キットカット」(ネスレ日本)も
イースター限定の商品を売り出しています。

イースター④

小さな子達がお菓子を大人におねだりしたり
仮装を楽しむ秋の記念行事のハロウィーンは
日本においても商戦のテーマと数年になりますが
イースターも春の記念行事としてハロウィーンのように
仮装行列に老若男女が参加できるイベントができれば
しっかりと日本にも定着するかもしれませんね!!

イースター⑥


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。