消臭で室内の気になる臭い対策を退治する!

 

暑い季節が巡ってきました。気温と湿度の上昇に伴って
気になってくるのが家の色々な場所の臭いですね。
隙間風が入って冬場は寒くて辛かったという家は少なくなり
高断熱、高気密の最近の住宅事情で臭いが内に
こもりやすくなってきています。

暑くてジメジメする季節を快適に気持ちよく過ごすには
臭い対策も大切になりますね。

玄関、水回り(洗面所、トイレ)、押し入れ(クローゼット)などの臭いは
外気温の上昇とともに室温も上昇するために菌が増殖し
その菌の排泄物の臭いが原因と言われています。
除菌対策をして繁殖することを防いでも、発生してしまった臭いは
なかなか消え去ってくれません。

雑菌が増殖し始めるのは気温20℃と言われています。
梅雨の時期から夏場にかけて色々な菌が育ちやすい環境となるので
除菌対策を取るだけでなく、臭い対策も大切で
臭いは元から取り去ることが大切と専門家の方は話されています!

消臭の技術には大きく分けて3通りの方法があります。

①マスキング消臭
香水や芳香剤で抑え込むという方法で悪臭が気にならなくする
②物理的消臭
活性炭等の多孔質物質に悪臭元の成分を取り込み臭いを防ぐ

臭い予防⑥

③中和消臭
臭いの元の悪臭成分を化学反応によって変化させて臭いを予防する



服についた嫌な臭いや生活空間に漂う悪臭を除去するには
③番の中和消臭技術が臭いを元から取れるので
臭いの逆戻りを予防できる点で人気がある消臭方法です。

近年は匂いや臭いに対する意識が特に高まっていて
消臭剤の販売市場はどんどん拡大しているようです。
消臭方法の検討も大切なのですが・・・
根本的に臭いの発生を抑制していく暮らしの方法も意識したいですね!

掃除や整理の達人と呼ばれている方はこのように語られます。


「日常生活に伴う様々な汚れが臭いの元を生み出しています。
 毎日の生活の中で汚れを溜め込まない事が大切です。」

最初は・・・臭いが発生しやすい水回りなのですが・・・

「暑い季節になるとちょっと油断すると排水溝から発生する臭いが
 気になり出します。汚れをコマメにしっかり除去して下さい。」

トイレに関しては・・・
トイレマット等の便器周辺の汚れも多いですし
便器内の縁の溝に尿石がたまりやすく独特の臭いを発します。

臭い予防⑤

風呂場に関しては・・・
排水口の蓋を外すとドロッとしたヌメリと共に生臭さを感じますし
石鹸やシャンプーを置く棚の後ろにも目を向けて欲しいところです。

臭い予防④

台所のキッチン回りに関しては・・・
水回りで最も気になるのはキッチンと言われています。
不衛生にしておくと食材が腐りやすくなりますし
フキンはしっかり洗浄して乾燥させたいところです。

臭い予防①

玄関に関しては・・・
家の顔とも言える場所であるので
片付いていることに加えて臭いも気になります。
臭いの発生予防でポイントになるのは下駄箱の中の靴達です!

「玄関のたたき(コンクリートで固めた土間)と呼ばれる場所に
 沢山の靴が並んでいる場合は往々にして下駄箱の中も
 靴がワイワイと声を上げるほどいっぱいの状態と思います。
 こんな下駄箱の中は通気性が低下して蒸れて
 かびている場合があります。」

臭い予防②

要・不要でしっかりと整理して靴の数を減らしてスッキリさせます。
そして扉を開放して空気を入れ替えます。
そして「物理的消臭」「中和消臭」によって臭いを予防しましょう。

押入れやクローゼットも同じで着なくなった服で溢れていませんか!?

古くなった洋服はクローゼットの中で臭い出します。
服を動かしていないと臭いはどんどん増えていきます。

臭い予防③

整理して、服を動かして(着て頂いて)「物理的消臭」「中和消臭」です。


最後に・・・
気になる嫌な臭いを発生させないためには
①汚れをためない②物をため込まない③整理整頓する

こまめな掃除はなかなかできないものなのですが、
掃除ができていないとゴミがどんどんたまっていって
ゴミ箱が徐々に大きくなっていきます!
そこに臭いの元をため込んでしまうようになります。

ため込まず、しっかり片付けて、臭いを遠ざけていきましょう!!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。